心理学が学べる通信制大学でおすすめは?

心理学が学べるおすすめの通信制大学をタイプ別にご紹介します。

通信制大学に求める条件は各個人で違うと思います。

例えば・・・

心理学の開講科目が豊富な大学がいい。

土曜・日曜でも出勤することがあるので、なるべくスクーリングが少ない方がいい。

スクーリングが多い大学がいい。

テキスト学習の自習が苦手なので、eラーニング授業が充実している大学がいい。

など。

そんな方のためにこちらではタイプ別に通信制大学をご紹介します。

心理学系の開講科目が豊富

独学が少ない

レポート作成が少ない

スクーリングが多い

⇒ 認定心理士を取りたい

産業カウンセラーを取りたい

心理学系の開講科目が豊富

大手前大学

入門科目から発達心理学系科目、臨床心理学系科目、社会心理学系科目まで豊富に開講されています。

聖徳大学 (心理・福祉学部 心理学科)

科目等履修生なら、興味・関心のある科目を1科目から履修できます。正科生の場合は、「臨床心理コース」、「家族心理コース」、「社会心理コース」のいずれかに所属して学習します。

独学が少ない

「独学が少ない」とは、授業コンテンツが豊富に用意されているということです。

通信制大学は、大学から配布されたテキストを読み、レポートを作成する“独学”が主流です。

ですが、最近はテキストにプラスして授業コンテンツ(教員による講義動画、アニメーションによるデジタル教材 etc.)を視聴しながら学習できる大学も増えています。

昔ながらの“独学”スタイルだと学習が続けられないという方は授業コンテンツが充実した大学を選ぶとよいでしょう。

以下に挙げる大学は授業コンテンツが豊富な大学です。

放送大学

教員による授業をテレビ、ラジオ、インターネットを通して視聴しながら学ぶのが基本スタイルです。

大手前大学

ほとんどの開講科目でテキスト学習にも教員による講義動画やアニメーション動画などのデジタル教材が付きます。

産業能率大学

年間約390本のスクーリング(面接授業)が全国18都市で開講されています。スクーリング中心に受講すれば、独学が少なくなります。

授業料にスクーリング受講料が含まれているので、何度受講しても追加費用がかからないのも嬉しいポイント。

レポート作成が少ない

放送大学

レポートはスクーリング(面接授業)の一部科目で課される程度のようです。

大手前大学

レポートは単位修得試験の一部に課される程度のようです。

スクーリングが多い

一般的に対面式のスクーリングは単位が取りやすいと言われています。それは教員による授業を受けた後の試験に合格すれば単位を取得できるからです。

「テキスト学習 ⇒ レポート作成・提出 ⇒ 単位修得試験」よりは単位が修得しやすいと言えるでしょう。

産業能率大学

全国18都市で年間約390本のスクーリングが開講されています。

授業料にスクーリング受講料が含まれているので、何度受講しても追加費用が不要。スクーリング中心に学習するという方法もあり!

産業カウンセラーを取りたい

産業能率大学

産業心理(カウンセリング)コース」で産業カウンセラー試験の受験資格を取得できます。

■ 関連リンク ■

「通信制大学で心理学を学ぶ!」のトップページに戻る

心理学が学べる通信制大学の学費は?

サブコンテンツ

このページの先頭へ