愛知産業大学 通信教育部 造形学部 建築学科

愛知産業大学 通信教育部 造形学部 建築学科は、建築士を目指せるカリキュラムが用意されています。

指定科目を履修し、卒業することにより2級建築士だけでなく、1級建築士の受験資格が得られます(一級建築士として登録するためには卒業後の実務経験が必要)。

名古屋、東京スクーリングのみでも卒業が可能です。

岡崎キャンパス・・・・・愛知県岡崎市岡町原山12-5(地図

取得をめざせる資格

愛知産業大学 通信教育部 造形学部 建築学科では、以下の資格取得をめざせます。

建築士(一級・二級・木造)

【一級建築士】

建築学科で指定科目の単位を修得し卒業することで受験資格を取得できます(一級建築士として登録するためには卒業後の実務経験が必要)。

【二級建築士・木造建築士】

建築学科で指定科目の単位を修得し卒業することで受験資格を取得できます。

商業施設士補 商業施設士補
施行管理技士(各種)

建築施行管理技士(一級・二級)

電気工事施行管理技士(一級・二級)

建築機械施行管理技士(一級・二級)

土木施行管理技士(一級・二級)

管工事施行管理技士(一級・二級)

造園施行管理技士(一級・二級)

インテリアプランナー 建築学科の卒業生は合格後の実務経験が免除されます。

愛知産業大学 通信教育部の特徴

必修科目なし!それぞれの目的に合わせて学べます。

愛知産業大学 通信教育部 造形学部 建築学科では、必修科目を設けず、それぞれの目標に沿って学びたい科目を自由に選択できます。

さらに下記のような履修モデルも用意されています。

建築設計系

ベーシックモデルとして教養・造形・建築科目をバランスよく構成しています。

また建築専門科目の中では建築設計に重点を置いて、建築計画や建築デザイン系科目を中心に学びたい方にお勧めの履修モデルです。

建築エンジニア系

ベーシックモデルとして教養・造形・建築科目をバランスよく構成しています。

また建築専門科目の中でエンジニア系科目に重点を置いて、建築構造や建築マネジメント科目などを学びたい方にお勧めの履修モデルです。

建築重視系 建築プロフェッショナルを目指して建築専門科目の履修を多く設定し、建築に重点を置いて学びたい方にお勧めの履修モデルです。
造形・デザイン系 建築士資格目的だけではなく、建築専門科目以外の造形デザイン系の科目を多く学びたい方にお勧めの履修モデルです。

レポートの提出や科目終末試験はインターネットでOK!

eラーニング対応科目は、通信科目(テキスト学習)のレポートの提出、レポートに代わる小テストの受験、科目終末試験受験がインターネット上で可能になります。

eラーニング対応科目のレポートに合格すれば、試験日程を気にすることなく、いつでも科目終末試験を受験できます

また、スクーリング科目では、事前学習課題や補助教材をインターネットから受けることができます。

※ 愛知産業大学 通信教育部の「eラーニング」は、映像授業ではありません。

科目終末試験は年6回、全国主要都市で開催されます。

科目終末試験は北海道から沖縄まで全国主要都市で年6回、水曜・土曜・日曜に開催されます。一度に4科目まで受験できます。

試験会場は、名古屋、岡崎、東京、さいたまがメインです。

また、多くの科目が会場に出向くことなく、eラーニングサイトでの受験が可能

試験会場(予定)・・・・・札幌市、仙台市、新潟市、金沢市、松本市、さいたま市、東京都港区、静岡市、浜松市、名古屋市、岡崎市、大阪市、岡山市、広島市、福岡市、那覇市

スクーリングは名古屋・東京がメイン。

スクーリングとは、大学が指定する日程、会場で教員から直接指導を受ける授業のことです。

卒業要件124単位のうち30単位以上(3年次編入学は15単位以上)をスクーリングで修得する必要があります。

原則として3日間続けて出席し、最終日に提出する課題もしくは受験する試験に合格することによって単位を修得できます。

大阪スクーリング会場は一部の科目のみ開講していますが、3年次編入学であれば大阪スクーリングのみで卒業が目指せます

名古屋スクーリング会場は金山総合駅から徒歩5分、東京スクーリング会場はJR山手線田町駅から徒歩10分とアクセスも良好です。

スクーリング会場・・・・・岡崎キャンパス(愛知県岡崎市)、名古屋(名古屋市熱田区)、東京(東京港区)、大阪(大阪市中央区)、松山(松山市)、福岡(福岡市)

土・日・祝日スクーリング

名古屋、東京で全科目開講されます。

一部科目は大阪、松山、福岡で開講されます。

水曜スクーリング

東京会場が15科目、名古屋会場が7科目開講されます。

東京会場なら水曜スクーリングのみで卒業をめざせます

夜間スクーリング

平日の夜間(18:30~21:00)に東京、名古屋で開講されます。

東京会場は10科目、名古屋会場は2科目の開講です。

オンライン・スクーリング 原則3日間のスクーリングのうち1日分をインターネットを通じて自宅で受講します(一部科目のみ)。

単位の修得方法は?

単位修得方法は以下の通りです。

テキスト学習後に課されるレポートは、1課題につき1,000字が目安でワープロ(パソコン)作成OKです(手書きでもOK)。

①通信科目(自宅学習)

テキスト教材で学習し、課題レポートまたは課題作品を提出します(科目により異なる)。

課題作品は合格すれば単位修得です。

レポート課題の科目は科目終末試験(会場で受験)と両方に合格すると単位修得となります。

②通信科目(eラーニング)

テキスト教材で学習し、課題に取り組みます。

課題は科目により以下の2通りになります。

①小テスト・レポートをネットで提出 ➡ 科目終末試験(オンライン受験)

②課題作品をネットで提出

③面接(スクーリング)科目 事前学習をし、会場で面接授業(3日間)を受講します(一部の科目は最終日に科目終末試験を受験)。
④面接(スクーリング)科目

オンライン学習をし、スクーリングの事前または事後にオンラインで課題を提出します。

その後、会場で面接授業(2日間)を受講します(一部の科目は最終日に科目終末試験を受験)。

募集情報

選考方法

書類選考

※ 選考料・・・・・10,000円

募集人数

■ 1年次入学・・・・・100名(一般入学:20名、社会人入学:50名、AO入学:10名、シニア入学:5名、専門高校入学:5名、外国人入学:5名、再進学入学:5名)

■ 3年次編入学・・・・・200名(一般入学:50名、社会人入学:90名、AO入学:10名、シニア入学:10名、外国人入学:20名、再進学入学:20名)

■ 科目等履修生・・・・・若干名

■ 特修生・・・・・若干名

学費(初年度納入金)

■ 1年次入学・・・・・320,440円(入学金:40,000円、授業料:280,000円、その他:440円)

■ 3年次編入学・・・・・362,440円(入学金:40,000円、授業料:322,000円、その他:440円)

■ 科目等履修生・・・・・登録料:10,000円、授業料(1単位):7,000円、授業料(面接科目):14,000円

■ 特修生・・・・・122,000円(登録料:10,000円、授業料:112,000円)

授業料の中には、スクーリング受講料、科目終末試験の受験料も含まれます

※ テキスト代などが別途必要です。

※ 一部のスクーリング科目では受講時に材料費(1000円程度)が必要です。

学費分納に関して 学費ローンによる分割払い可
卒業までに必要な学費(概算)

■ 1年次入学・・・・・約117万円

■ 3年次編入学・・・・・約70万円

※ テキスト代などが別途必要です。

出願期間

■ 2020年4月生

2月12日 ~ 4月15日(消印有効)

■ 2020年10月生

8月19日~9月25日(消印有効)

在籍可能期間

■ 1年次入学・・・・・最大8年間

■ 3年次編入学・・・・・最大6年間

建築が学べる4通信制大学を徹底比較! 建築士をめざす方必見!

全国42通信制大学一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ