大手前大学 通信教育部

大手前大学 通信教育部は、大卒資格(学士[学術])学士(看護学)のW取得を目指せます。

対象者は以下のいずれかの方々です。

看護系短期大学(修業年限3年)を卒業(卒業見込み含む)した方

看護系専修学校専門課程(修業年限3年以上かつ総授業時間数2,550時間[または総単位数93単位]以上)を修了(修了見込み含む)した方

さくら夙川キャンパス・・・・・兵庫県西宮市御茶家所町6-42(地図

大手前大学 通信教育部の特徴

特徴① 大卒資格(学士[学術])+ 学士(看護学)をW取得できます!

大手前大学 通信教育部では、大卒資格(学士[学術])学士(看護学)をW取得可能です。

W取得の流れは以下の通りです。

① 正科生4年次編入学し、31単位(専門科目・16単位以上、一般科目15単位以上)を修得(学士[学術]を取得)。

② 大手前大学 通信教育部を卒業後、独立行政法人大学改革支援・学位授与機構の審査を受ける。

③ 審査に合格することで学士(看護学)を取得。

特徴② 通学不要で学べる!

多くの通信制大学の学習形態は、テキストや参考文献を読んでレポートを作成する『レポート学習』がメインですが、大手前大学は違います。

デジタル教材(講義動画、ストーリー形式のアニメ etc.)とテキストを併用した「eラーニング」が学習スタイルの基本です。

デジタル教材(授業)はインターネットに繋がったパソコンがあれば、24時間いつでもどこでも受講できます。

しかも、授業だけではなく、単位認定試験の受験や課題レポートの提出、ディスカッションなどが全てオンライン(インターネット上)で行います。

特徴③ 「学修成果レポート」の作成を支援!

通信制大学で単位を修得するだけでは看護学士(学士[看護学])は取得できません。

大学改革支援・学位授与機構に学修成果レポートを提出し、学位取得の申請をしなければなりません。

大手前大学 通信教育部では、看護学コミュニティ(入会費:2万円)に入会することで学修成果レポートの作成支援(オンライン開催)を受けることができます。

サポート内容は以下の通りです。

①学修成果レポート作成講座 指導教員による「テーマ設定」やテーマに即した「文献調査方法」を学べます。
②討議 毎月1回、各自の進捗状況や課題をゼミ形式で討議します(任意)。
③仲間との交流 学士(看護学)取得を目指す方々と交流できます。
④個別指導 専任教員に個別指導を受けることができます(予約制)。

単位修得の方法は?

大手前大学 通信教育部の単位修得方法は以下の3通りです。

メディア授業やスクーリング(面接授業)以外の通信授業にもデジタル教材(動画講義、ストーリー形式のアニメ etc.)が付くので、非常に学びやすいのではないでしょうか。

授業料は定額制なので、メディア授業、スクーリング、単位修得試験を何度受けても追加費用はかかりません。

※ パソコンとインターネット接続環境が必須です。

①通信授業

教材(教科書・PDF教材 etc.) とデジタル教材を併用して学びます。

デジタル教材は24時間いつでも受講できます

課題(章ごとの確認テストやレポート)に合格すると、単位修得試験(Web試験またはレポート試験)を受験できます。

Web試験

定められた試験期間内にWeb上で受験する試験。

試験期間内であればいつでも受験可能です。

ただし、試験時間は1科目60分までとなり、試験開始後60分が経過した時点で自動的に答案が提出されます。

レポート試験

定められた試験期間内にWeb上でレポート課題を提出する試験。

課題によっては、Word・Excel等のソフトが必要となる場合があります。

募集情報

選考方法 書類選考
募集人数 若干名
学費

■ 正科生・・・・・730,000円(入学検定料 10,000円、入学金 20,000円、在籍料 24,000円×2年、授業料 326,000円×2年)

授業料にはテキスト代、eラーニング教材費、スクーリング受講料、単位修得試験受験料が含まれます。再試験や再スクーリングの際も追加料金はありません。

学費分納に関して 教育ローンによる分割払いが可能。
看護学士(学士[看護学])取得までに必要な学費(概算) 73万円
出願期間

■ 2023年4月入学

【前期】2022年12月1日~2023年3月1日

【後期】2023年3月13日~2023年5月9日

受講期間 2年間

看護学士(学士[看護学])を取得できる通信制大学を徹底比較【2023年最新版】

サブコンテンツ

このページの先頭へ