武蔵野大学 通信教育部 看護学コース(科目等履修生)

武蔵野大学 通信教育部 看護学コース(科目等履修生)は、最短1年で看護学士(学士[看護学])を取得可能です。

対象者は以下の方です。

看護系短期大学(修業年限3年)を卒業(卒業見込み含む)した方

看護系専修学校専門課程(修業年限3年以上かつ総授業時間数2,550時間[または総単位数93単位]以上)を修了(修了見込み含む)した方

受講にあたって、インターネット接続可能なパソコンが必須

武蔵野キャンパス・・・・・東京都西東京市新町1-1-20(地図
有明キャンパス・・・・・東京都江東区有明3-3-3(地図

武蔵野大学 通信教育部の特徴

特徴① 最短1年で看護学士(学士[看護学])を取得可能!

武蔵野大学 通信教育部 看護学コース(科目等履修生)は、最短1年で看護学士(学士[看護学])を取得可能です。

看護学コース(科目等履修生)では、看護専門科目(16単位以上)と一般科目(15単位以上)の計31単位以上を修得します。

なお、3年制の看護系短期大学または専門学校を卒業後に大学等で15単位以上を修得(見込み含む)している場合は一般科目(15単位)の単位修得は不要です。

単位修得後、大学改革支援・学位授与機構へ申請し、試験と審査に合格することで看護学士(学士[看護学])を取得できます。

特徴② 通学不要で修了可能!

武蔵野大学 通信教育部 看護学コース(科目等履修生)は、通学不要で単位を修得できます。

自宅でのテキスト学習後に課されるレポート(パソコンで作成)はインターネット学習支援システム(WBT)を通して提出できます。

課題レポート合格後に受験できる単位認定試験もWBTを通して自宅のパソコンで受験できます。

さらに科目によっては学習方法を「スクーリング or レポート」から選べますので、スクーリングを受講せずにオンライン学習のみで修了することが可能です。

特徴③ 学位申請サポート(無料)あり!

武蔵野大学 通信教育部では大学改革支援・学位授与機構への学位申請に向けたサポートを行っています。

サポート内容は以下の通りです。

レポート作成について 学修成果レポートを作成するための力を養う科目『文献研究法1・2』を開講。
イベント開催

入学後に行われる新入生懇談会や学習相談会では、看護学コースのブースを開設しており、看護学コースを修了された方もアドバイザーとして参加します。

また、学生同士の交流の場として、オンライン学習交流会なども定期的に開催しています。レポート作成の進捗や困りごとを話し合うことで、情報交換や解決につながるほか、コミュニケーションの促進や学習へのモチベーションの維持や向上を目的としています。

動画コンテンツ 学位取得までの流れや計画などについて、教員が説明した動画コンテンツを視聴できます。

単位の修得方法は?

単位修得方法は以下の通りです。

武蔵野大学 通信教育部はインターネットを最大限活用した学習システムです。

インターネット学習支援システム(WBT)を利用して課題レポート(1本1,500~2,000字程度が多い)の提出やテスト(WEB試験)の受験ができます

単位認定試験もWBTを利用して自宅で受験できます。

スクーリング(面接授業)とメディア授業は受講を希望する方のみです。

①テキスト学習

①テキスト、WBT上のスタディガイド(各科目のサブテキスト)、参考文献などで学習します。

②課題(レポート or テスト)に取り組みます。

③すべての課題レポートまたはテスト(WEB試験)に合格後、WBT上で単位認定試験を受験します。

単位認定試験に合格することで単位修得です。

②スクーリング(面接授業)

①武蔵野大学キャンパス(東京都西東京市)で面接授業を受講します。

②受講期間に単位認定試験を受験します。

単位認定試験に合格することで単位修得です。

③メディア授業(eラーニング)

①インターネット( WBT )上でメディア授業を受講します。

②受講後に自宅等で単位認定試験(レポート)を受験(提出)します。

単位認定試験に合格することで単位修得です。

募集情報

選考方法 書類選考
募集人数 ■ 科目等履修生・・・・・定員なし
学費

■ 専門科目 + 一般科目・・・・・200,000円(入学選考料 10,000円、入学金 30,000円、履修料 150,000円、補助教材費 10,000円)

■ 専門科目のみ・・・・・130,000円(入学選考料 10,000円、入学金 30,000円、履修料 80,000円、補助教材費 10,000円)

※ テキスト代は履修料に含まれています。

※ スクーリングを受講する場合は受講料(1単位あたり7,500円)が別途必要です。

2年目以降受講を延長する場合:履修継続料 50,000円と補助教材費 10,000円の年額計60,000円が必要となります。

学費分納に関して 要問い合わせ
出願期間

2023年度春入学

【第1回】

インターネット出願・・・・・2022年10月12日~2022年11月4日

【第2回】

インターネット出願・・・・・2022年11月16日~2022年12月23日

【第3回】

インターネット出願・・・・・2022年12月26日~2023年2月3日

【第4回】

インターネット出願・・・・・2023年2月21日~2023年3月17日

2023年度秋入学

未定

在籍可能期間 1年間(延長可能)

看護学士(学士[看護学])を取得できる通信制大学を徹底比較【2023年最新版】

サブコンテンツ

このページの先頭へ